不要なソフトウェアが入っていない

必要なソフトだけで容量を増やさなくてよい

法人向けパソコンには、不要といわれているゲームソフトをはじめとした、複数の使用しないソフトが入っていないことがメリットとしてあげられています。容量を不要なソフトに使われることなく、削除する手間を省くことができるのもメリットです。そのため、ビジネスシーンで頻繁に使うソフトを導入しやすく、パソコンの容量を必要なソフトにだけ使えます。結果として余分な容量を増やすためにメモリをはじめとした記録媒体を増やさなくてよくなるため、コスト削減しながらビジネスに必要なパソコンを手に入れられます。業務内容によって不要となるソフトは異なるため、法人向けパソコンショップでどんなソフトが入っているのか、確認してから買ってください。

メモリの動作を重くせずに利用できる

法人向けパソコンで必要最低限のソフトウェアしか入っていないことによるメリットとして、メモリ増設をせずにすばやく動くパソコンとなることが挙げられます。メモリに余分なソフトが入っていると、パソコンの動きが遅くなるため、ビジネスの効率が下がるデメリットとなりがちです。そのため、法人向けでビジネスシーンにのみ利用する場合には、パソコンのメモリはできるだけ多くしておいたほうがよく、余分なソフトを削除しておいたほうがいいでしょう。最初から入っていない法人向けソフトを購入することも、パソコンのメモリを余分に消費しないメリットです。法人向けパソコンを販売している店舗に相談し、プリインストールするソフトについて相談してから購入しましょう。