OSを古くして安くできる

最新のOSを選ぶ必要はない

法人用のパソコンを導入するときに、少しでも節約をしたいと考える会社もありますよね。それならば、搭載されているOSが古めのパソコンを選択して、購入費用を抑えてしまいましょう。
法人用として販売されているパソコンの多くは、(新OSの発売当初でなければ)最新のOSが搭載されています。そのため、何の迷いもなく、そちらを選んで、会社に導入しようとするかもしれません。しかし、古いOSを選ぶことで、値段を下げられる可能性があるため、グレードダウンさせることも考えたほうがよいです。
古いOSといっても、一世代くらい前のものならば、ビジネスに問題なく利用できます。そして、あらかたの不具合も治っているので、場合によっては最新のOSよりも快適に使える可能性もあるでしょう!

古いOSを選ぶときに気をつけること

古いOSが搭載されたパソコンは安く購入できますが、インターネットに繋ぐのなら注意しなければいけません。それは、OSのセキュリティアップデートがすでに終了している可能性があるからです。セキュリティが切れたOSはオンラインに繋ぐと危険なため、ネットを利用するならサポート期間が残っているパソコンを購入しましょう。サポートの打ち切り時期は、OSを販売しているメーカーのホームページで確認が可能です。
なお、サポートが切れているようなパソコンでも、オフラインで使うのなら、まだまだ利用することができます。古いOSでしか動かないようなソフトウェアもありますので、使い方によっては、とてもコストパフォーマンスのよいパソコンとなるはずです。