パソコンは家電量販店で購入できる商品となっています。個人が購入できますが別に法人向けのパソコンも用意されているので注目です。こちらは業務に特化した内容となっている商品なので知っておくと便利といえます。

商売に使えるパソコンが購入できる

不要なソフトウェアが入っていない

法人向けパソコンには、不要といわれているゲームソフトをはじめとした、複数の使用しないソフトが入っていないことがメリットとしてあげられています。容量を不要なソフトに使われることなく、削除する手間を省…

もっと詳しく

自由にカスタムできるBTOにも対応

最近はBTOパソコンが流行ってますよね。BTOパソコンは、自分で自由にパーツを組み合わせて購入ができるパソコンです。法人向けパソコンを買う時も、BTOパソコンはおすすめですよ。法人で使う際のパソコ…

もっと詳しく

オプションの有無も自由自在

商売に使える法人用のパソコンを購入するときには、オプションの有無をしっかりと確認したほうがよいです。オプションを付けることで、快適な動作を実現できるため、より効率的にパソコンを使えるようになります…

もっと詳しく

コスト削減にも役立つ

社員の数に応じてパソコンを導入するときには結構費用がかかります。なるべくコスト削減をしたいときにも法人向けのパソコンは利用できるので注目です。通常かかるコストがかからないといったメリットもあるので知っておくといいでしょう。

リサイクルマークがない

平成15年以降に販売されたパソコンにはリサイクルマークが付属します。家庭用のパソコンはメーカーが無料で回収してくれるのですが企業向けの法人パソコンにはついていないです。基本的にビジネス向けの…

もっと詳しく

OSを古くして安くできる

法人用のパソコンを導入するときに、少しでも節約をしたいと考える会社もありますよね。それならば、搭載されているOSが古めのパソコンを選択して、購入費用を抑えてしまいましょう。法人用として販売…

もっと詳しく

オーダーメイドのパソコンが欲しいならBTOで決まりです

BTOパソコンは、マザーボードやCPUなどのパーツを自分で選ぶことができますから、オーダーメイドのパソコンが欲しい方にぴったりです。

用途に応じて低スペック化が可能

CPUの性能を抑えて低価格に導入

パソコンの処理能力に影響する部分としてCPUがあります。CPUのメーカーはどんどん処理能力の優れているものを開発していますが、最新のCPUはその分高価格になります。処理スピードは速くなりますが、購入するときのコストに影響します。法人向けパソコンは、必ずしもすべての業務で高速処理が求められるわけではありません。一般の事務処理に利用するだけなら、少し前の世代のCPUでも問題なく利用できます。自社の利用環境に合わせてスペックを落とせば、その分パソコン本体のコストを下げられます。メモリも多く積めば高速になりますが、その分価格が上がります。標準よりも少ないメモリでも一般的な処理には支障がないときもあるので、スペックダウンを検討してみましょう。

室内利用がメインなら軽量化などは不要

営業社員は外出が多く、外出先にパソコンを持参する人も多いです。会社から貸し出す法人向けパソコンでは、営業社員向けに外出時に使いやすいタイプを用意するときがあります。通常よりも軽量化を図ったものや、電源につながなくても長く使える大容量のバッテリーを備えたものなどがあります。軽量化やバッテリーの大容量化はパソコンの価格にも影響し、一般的なパソコンよりも高くなるときがあります。室内での利用がメインであれば、軽量化やバッテリーのもちはあまり関係ありません。外出時に持ち出せるタイプは、堅牢性なども高くなるような素材が使われていますが、室内で使うときには堅牢性は不要です。利用シーンに合致したモデル選びが必要です。